女性ホルモンを増やしてバストアップ

MENU

女性ホルモンは医者に相談して使う

女性ホルモンを増やしてバストアップ!

 

女性ホルモンはバストアップに効果があるということは知られています。

 

女性ホルモンには飲み薬、貼り薬、塗り薬の3種類があります。医者に相談をして処方をしてもらうことができます。また市販のホルモン剤などもあり、これらは医者の処方箋なしで購入することが可能です。

 

たとえば、メプレート、リノラル、クロミドジェネリック、プレマリン、フェミロンなどがあります。

 

ただし、これらはすべて海外からの輸入品です。本来なら医者に相談した上で処方される薬です。なのでもし利用したいというときには一度医者に相談した上で利用することをおすすめします。

 

バストアップには女性ホルモンは確かに効果を期待することはできますが、個人で利用するよりもやはり医者に相談して処方してもらったほうが安全に利用することができます。個人輸入することができる薬もありますが、バストアップに効果を期待することができる使い方はやはり医者に相談することが大切です。

薬の副作用なども知っておくといい

バストアップに女性ホルモンが効果があるのか、というと、効果がないわけではないといいます。

 

なぜかというと女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量を処方される薬で補うことができるからです。なぜ補うことができるのかというと、エストロゲンにはバスト内の乳腺を増殖させる効果があるので、豊胸の効果を期待することができます。

 

乳腺が増えるとその周りに脂肪を吸着させていくのでバスト内に脂肪が増えてバストアップをさせる効果を期待することができるといいます。

 

それならば積極的に薬で利用するほうがいいのではないかと思う人もいますが、西洋医学で作られた科学的な薬です。なので副作用なども考えることができるのでバストアップをさせることができる代わりに副作用で体を壊してしまう可能性があります。

 

なので豊胸の効果を期待して個人輸入をして薬を飲んだりするのはあまりおすすめすることはできないといえます。

たんぱく質と酵素を積極的に摂取する

女性ホルモンで豊胸を期待したいときには食べ物を摂取することでエストロゲンを摂取することができます。

 

たとえば、大豆にはエストロゲンを増やすイソフラボンが含まれています。エストロゲンを増やすために必要な1日あたりの摂取量は豆腐半丁、または納豆1パックくらいを食べるだけで十分です。意識して摂取することでイソフラボンを摂取しましょう。

 

ほかにも、たんぱく質がおすすめです。たんぱく質は筋肉や臓器、骨、血を作るために必要な栄養素だけではなく、女性ホルモンの分泌を活性化させる働きも持っています。

 

体の血肉になりやすいのは赤みの肉なので、牛肉が特にいいです。先に書いた大豆も植物性たんぱく質です。また、豚肉や魚介類もたんぱく質が豊富なので積極的に食べることで胸を大きくする効果を期待することができます。

 

大豆や肉、魚介類を食べても体が消化不良を起こしてしまると栄養の吸収効率は下がってしまいます。その吸収率のアップのために酵素を積極的に摂取しましょう。酵素がたっぷり含まれているのはフルーツや野菜です。